HOME » 翻訳 » 英日翻訳 » 確認について

確認について

 みなさんは日頃「確認」ということばを何気なく使っておられるのではないかと思いますが、このことばがいろいろな意味で使われていることに気付いておられるでしょうか?
先日、私に届いたメールに添付されていた原稿の一部が不鮮明なため、その部分の記載内容について問い合わせたところ、下記のような回答をいただきました。
<画面を確認いたしましたが、おっしゃるとおり確認ができませんので現在顧客へ確認中です>
また、以前あるネイティブチェッカ(日本語も堪能)が次のような主旨の記事を書いていました。
<日本語では、「確認」ということばをよく使う。たいていの日本人は「確認する」に対して一律にconfirmという英語をあてはめるが、これが適切な訳でないことがしばしばある。・・・>
それでは「確認」にどんな意味があるのか、英語と対比しながら考えてみましょう。
1. 「確認」の基本的な意味
手元の国語辞書によると「確認」の意味は「たしかにそうだと認めること。また、はっきりたしかめること」となっており、例として「自分の筆跡であることを確認する」および「安否の確認が先決だ」が挙げられています。
一方、手元の和英辞典によれば、「確認する」に対応する英語としてconfirm、affirmなどが挙げられており、例文として「この報はまだ確認されていない。This report is not yet confirmed.」や「今朝電報で申し上げたことを確認し、ここに注文書をお送りいたします。We have much pleasure to hand you a written order in confirmation of our telegraphic message of this morning.」が挙げられています。
また手元の英英辞典によれば、confirmはto give support or certainty to (a fact, belief, statement, etc.), e.g. by providing more proof or by stating that something is true or correctであるとしています。
これらのことから日本語の「確認する」は英語のconfirmにほぼ対応することばであり、その意味は「いったんある情報を得たが、その情報が真実であるかどうかを何らかの手段を用いてたしかめる」という意味であることが分かります。
 
2. 「確認」のさまざまな用法
それでは、日本語における「確認」のさまざまな用例、言い換えおよび対応する英語について紹介します。
(1) 「明日の懇親会の出席者名を電話で確認してください」
この「確認する」には上記1項で述べたような意味はなく、「たずねる」や「問い合わせる」に言い換えることができます。英語ではaskやinquireです。ところが「明日の懇親会の出席者名は電話で聞いていますが、確認のため申込書を送ってもらってください」であれば、英語ではconfirmationを使わなくてはなりません。
(2) 「この課の喫煙者数を確認してください」
この「確認する」にも上記1項で述べたような意味はなく、「調べる」に言い換えることができます。英語ではinvestigateです。
(3) 「退社時にはエアコンのスイッチをすべて切ったことを確認してください」
この「確認する」は、上記(2)のように「調べる」に言い換えることができると思われる方があるかもしれませんが、そうではありません。つまりここでは「エアコンのスイッチが切られているかどうか調べ、まだスイッチが入っていればそれを切ってください」という意味です。したがってこの「確認する」は「確実にする(必ず・・・する)」と言い換えることができます。対応する英語はensureまたはmake sureです。
(4) 「今、モータが回っているかどうか確認してください」
この場合は上記(3)の用例とは意味が異なります。すなわち質問者は「はい」または「いいえ」の答を求めていますが、質問を受けた者には「現在モータが回っている方がよいのか、または回っていない方がよいのか」という情報はまだ伝えられていません。たとえば、モータが回っている状態で装置の作動状態を点検する場合とモータが停止している状態で分解点検するなどの場合があるからです。対応する英語はcheck ifです。check thatであれば、「・・・していることを確認してください」の意味になりますが、ensureとは異なりそれ以上の行為は要求していません。
(5) 「詳しい内容については、添付資料で確認してください」
この場合は、単に「見る」という意味であって、英語のseeやrefer toがこれに当たります。
(6) 「装置と壁との隙間を巻き尺で確認してください」
この場合は、「測定する」という意味であって、英語のmeasureがこれに当たります。
(7) 「この装置に設計どおりの性能が出ているか確認してください」
この場合は、「検証する」という意味であって、英語のverifyがこれに当たります。
(8) 「表面に亀裂が発生していないか確認してください」
この場合は、「検査する」という意味であって、英語のinspectがこれに当たります。
(9) 「印刷が不鮮明で文字が確認できません」
この場合は、「判読する」という意味であって、英語のreadがこれに当たります。
(10) 「リストに従って各作業が完了しているか確認してください」
この場合は、「点検する」または「チェックする」という意味であって、英語のcheckがこれに当たります。
[注] 手元の英英辞書ではcheckの一つ目の意味としてto test, examine, or mark to see if something is correct, true, in good conditions, etc.を掲げています。つまりcheckはconfirmと近い意味をもっていますが、「何らかの手段を用いてたしかめる」というような強いニュアンスがないことが分かります。checkにはこの他「阻止する」、「照合する」、「検査する」のような意味があります。
 
3. まとめ
冒頭に掲げた<画面を確認いたしましたが、おっしゃるとおり確認ができませんので現在顧客へ確認中です>は、<画面を見ましたが、おっしゃるとおり判読できませんので現在顧客へ問い合わせ中です>と言い換えることができます。
日本語の「確認」の用例は、他にもあるに違いありません。みなさんが「確認」ということばを使う前に、他のことばに言い換えできないか考えて見てください。使用する語彙を豊富にすることによって、自分の言いたいことがより的確に表現でき、読者にとってもより分かりやすい文章を書くことができるでしょう。
 
 

MENU

Copyright(c) 2017 TECHXEL All Rights Reserved.