HOME » 翻訳 » 危ない翻訳

危ない翻訳

 まもなく21世紀を迎えようとする今日、コンピュータや通信関係を初めとして世の中の技術の進歩にはめまぐるしいものがあります。政治や経済の分野において国際的な視野でものごとを考えなければならないのはもちろんですが、産業技術の分野においても、いかに早く海外の技術情報を入手し、いかに早くわが国で開発した技術を世界に伝達するかが、企業の死命を制する時代になっています。そのため、産業翻訳・技術翻訳の仕事がますます重要になっています。
 
産業翻訳では、技術力と語学力がバランスした品質の作品を提供できるかどうかがもっとも重視されます。一般的に優秀な技術者であっても、必ずしも語学力が優れているわけではありません。また、いかに語学力に優れていても、技術そのものを知らなければ的確な訳文はできません。世の中の翻訳家は文学・語学系出身の人が多いようです。これは産業翻訳家にもあてはまります。日本の一流の翻訳学校の講師でさえ、産業翻訳に関しては、語学的に見ればすばらしいが、技術的には明らかな間違いを平気でおかしています。
 
日本の翻訳企業が正社員または登録社員として抱えているのは、大部分こういう翻訳学校で学んだ、技術の実務経験のない翻訳家です。こういう企業に仕事を委せておいていいのでしょうか?かれらに翻訳を依頼すればたしかにワープロですっきりと清書された訳文が仕上がってくるでしょう。けれども、それは単なる活字の羅列に過ぎません。依頼者が求めているのは、いわゆる技術的に「使いものになる」文章です。めまぐるしく変化する現代社会において技術者はますます多忙を極めています。その技術者が翻訳会社に依頼した訳文のチェックに時間をとられることほど大きな無駄はありません。
 
本小冊子は、日本のプロの産業翻訳家がどういう間違いをおかしているのかを、実例を使って述べたものです。文章の例は国内の翻訳学校の講座のテキストや会員誌、さらには関連の単行本から引用したもので、創作は一切しておりません。本小冊子を執筆した目的はつぎのとおりです。
 
(1) プロの翻訳家に対して:本来、人を教える立場にある翻訳学校の講師が数々の間違いをおかしていることを知っていただき、本小冊子の事例を他山の石とせずに、ますます研鑚を積み、翻訳作品の品質を高めていただくため。
(2) プロの翻訳家をめざしている方に対して:産業翻訳においてはどのような誤訳が発生しやすいのかを知っていただき、それを避けるためにどういう学習をすればよいのか、ヒントをつかんでいただくため。
(3) 翻訳会社の方に対して:信頼のおける翻訳家を選別し、お客さまに高品質の翻訳作品を提供していただくため。
(4) 翻訳を依頼される方へ:翻訳家の質はさまざまであることを認識し、信頼のおける翻訳会社を選んで、翻訳の不備によるトラブルをなくし、無駄な費用が発生しないようにしていただくため。
 
最後に本小冊子は、日本の翻訳業界のレベルアップを願って執筆したものであり、他者を中傷あるいは誹謗する意図はまったくないことを申し添えておきます。
 


 

MENU

Copyright(c) 2017 TECHXEL All Rights Reserved.