HOME » 日本語 » 豆知識 » とりな歌

とりな歌

いろは歌(いろはうた)とは、すべての仮名を重複させずに使って作られた歌のことで、七五調の形式になっています。現代に伝わるいろは歌の内容は、以下の通りです。

いろはにほへと ちりぬるを         (色はにほへど 散りぬるを)
わかよたれそ つねならむ           (我が世たれぞ 常ならむ)
うゐのおくやま けふこえて          (有為の奥山  今日越えて)
あさきゆめみし ゑひもせす         (浅き夢見じ  酔ひもせず)

私が高校生のとき、国語の先生が「とりな歌」という歌をおしえてくれました。これは明治36年(1903年)に万朝報という新聞が、募集した新しいいろは歌(国音の歌)で一等賞に輝いたものだそうです。さすがによくできていますね。

とりなくこゑす ゆめさませ               (鳥啼く声す 夢覚ませ)
みよあけわたる ひんかしを      (見よ明け渡る 東を)
そらいろはえて おきつへに      (空色栄えて 沖つ辺に)
ほふねむれゐぬ もやのうち           (帆船群れゐぬ 靄の中)
 

MENU

Copyright(c) 2017 TECHXEL All Rights Reserved.