HOME » 日本語 » 新聞記事 » 新聞記事を嘆く(4) 並列の助詞「や」

新聞記事を嘆く(4) 並列の助詞「や」

 まえがきについては、「新聞記事を嘆く(1)」をお読みください。
  今回は「王国の「風習」エイズの温床」と題する記事で、主要部分をそのまま引用すれば下記のようになります。
  <国王や政府は、コンドームの使用や不特定多数との性交渉を控えるよう呼びかけているが、>
これを読まれたみなさんは、書いてあることがスムーズに理解できたでしょうか?ある方は「あれっ?」と思われたかもしれません。ここで問題があるのは「コンドームの使用や不特定多数との性交渉を控える」の個所です。「コンドームの使用や不特定多数との性交渉」の中の「や」は例示を意味する助詞で、「コンドームの使用」と「不特定多数との性交渉」とは並列関係にあります。すなわち、「コンドームの使用を控える」と「不特定多数との性交渉を控える」の両方が成立しなければなりません。ところが、前者は記者の言いたいことと矛盾しています。
  「コンドームを使用したり不特定多数との性交渉を控えたりするよう呼びかけている」が正しい表現です。
  前回も述べたように「教育に新聞を!」というキャンペーンの意味は、「新聞記事から悪文を探し出してどうすれば良い文になるか検討しよう!」であると考えざるをえず、この記事は国語の教師のかっこうの題材になると言わなくてはなりません。
  この新聞記事のコピーを見たい方は、ここをクリックしてください。問題のある個所は、最終段の第3段落です。

MENU

Copyright(c) 2016 TECHXEL All Rights Reserved.